弁護士のpride存在について考える 存在について考える

弁護士は弱者の味方では無い

弁護士と言えば社会的弱者の味方をしてくれる職業だと一般には思われている。
確かにその様な弁護士も大勢いるのだが、現実にはお金にならない案件には飛びつかない事が多いという。

意外に思われるかもしれないが、弁護士はボランティアだけでやって行ける程甘い仕事では無いのだ。
また、私たちがドラマ等で目にする様な裁判にも参加する事は稀なのだそうだ。

当然「異議あり!」何てことを言ったりはしない。
仕事の殆どは書類の作成で終わってしまうという。

激しいやり取りを期待していた人達にとっては、ちょっと残念かもしれない。
最近は国の方針もあり、少しずつ弁護士の数を増やして行こうという流れが出来つつある。

試験内容も若干簡単になったそうだが、それでも誰もが簡単になれるわけではなく、弁護士の需要は依然として高いままだ。
交渉を有利に進める能力に長けている弁護士は高い報酬で企業などから雇われる。

現在、大阪市長として活動している橋下氏もかつて弁護士時代には『やり手』と呼ばれ相当なお金を稼いだという。
法律には抜け穴があり、それを多く知っていればお金儲けも有利に進められる。

今や弁護士は組織の発展に欠かせないビジネスパートナーと言えるだろう。

 日本には日本国憲法を筆頭に数え切れないくらいの法律が制定されていますが、その内容についてすべての国民が把握しているというわけではありません。
むしろ、多くの人が法律に関する知識に疎いというのが現実です。

 では、日常生活でトラブルや事件に巻き込まれてしまったとき、どうしたら良いのでしょうか?モラルの問題ではなく、法律的観点からとらえる人がいなければ、思わぬ不利を受けてしまう可能性があります。
そんなとき、自分の事を守ってくれるのは弁護士です。

 弁護士は法律という規範に則り、トラブルや事件を速やかに解決するよう裁判で弁護してくれます。
それにより、間違った判決がなされてしまわぬように導いてくれるのです。

本来ならば、それを自分自身ができれば良いのですが、法律のことを熟知していなければそれは不可能ですので、必然的に弁護士の力を借りることになります。
ですから、日本が法律によって支配されている国である以上は、弁護士の存在が必要不可欠だということになります。

 その割りに弁護士は決して身近な存在とは言い切れないのですが、現在では無料法律相談などでかなり一般人に歩み寄っていますので、これからはもう少し親近感のある存在になっていくはずです。

弁護士資格は取るのも大変だが受けるのも大変。

弁護士を目指す人は増えていると言う話ですが、当然ながら簡単なモノではありません。
人並み以上の勉強をして知識を得るのは勿論ですが、そもそも受験の資格を得るのも大きな費用と時間が掛ります。

昔は大学行き司法試験を受ける、という流れでしたが、今は大学院に行かなければなりません。
そこで専門性の高い勉強をして、その上で受験に臨むことになります。

しかもいざ試験になっても、合格確率は2割から3割ぐらいなものです。
予備校に通って勉強する人も多いので、大学、大学院、予備校、なんてなったら費用もかなりのものになりますね。

その上、受験する回数も3回までと決められていたりするので、勉強の難しさだけでなく中々な狭き門になっています。
実際弁護士を目指して勉強したが、受験するための資格を取るのが難しすぎて諦めたと言う人は大勢います。

勉強の得意さは勿論の事ですが、その他にも色々な意味で恵まれた環境が必要になってくるかもしれません。
しかし晴れて資格をとり、弁護士をなのれるようになると効力も大きなのが弁護士という職業でもあります。

諦めないで、なんて無責任な事も早々言えませんが、それだけの価値があるものだと言うのも確かな話です。
やらなければならない事を知ってしまうとゲンナリする人もいるでしょうけど、早い段階で現実を知り、行くなら行く、諦めるなら諦める。

それが出来ればいいと思いますね。

弁護士の力量ですべてが決まる

私は地方に住んでいますアラサー女子です。
普段の生活で弁護士の方にお世話になることは全くありません。

ですが数年ほど前ににお世話になったことがありました。
私ではなく、親世代の揉め事の件で両親がお世話になっていました。

揉め事とは土地の問題です。
父名義の土地があり、実際に税金などを支払っているのも父なのですがその土地を管理というか、使っているのは親族の方なのです。

その後、父が土地を使いたく、親族の人とお話をしたときに決裂をしました。
親族が土地を渡さないという話になったのです。

父が税金を支払っているものの、その土地を使っているのは親族というこの関係性。
話し合いに拉致があかず、父が弁護士の方に相談しました。

何人もの人に相談したみたいですが結論は弁護士の力量で決まるとのことでした。
税金を支払っているのも土地を使っていなかった父と実際に土地を使っているという小作人の立場に当たる親族では親族側に軍配が上がるかもしれないような胸を最初に言われたようです。

そして、このような非常にとんとんな内容の場合は弁護士の力量で勝敗が決まるらしいのです。
私は上記にも書きましたとおり、地方に住んでいるものですのでまた都内とかですと違った話になるのかなというのは考えます。

いずれにしろ、法律もさることながら弁護士の力量というものに左右されるというのは不思議な感じがしました。
でもそれでしたらよく聞くニュースとかでなぜこのような裁判結果なのかが分かったような気もしました。